色覚異常(赤緑色弱)で生まれて50年

2018年50歳の色弱のシニア男性。今まで50年生きてきて仕事やら私生活で起きた色覚異常での障害や感じた事やら実体験にもとづいて語ってみようと思いブログ開設しました。

化粧が色弱の私は「おてもやん」に見えてしまい、有名女優も汚く滑稽に見える?

 

実は私は女の人の化粧が嫌いだ。

そして、それは自分の性格などのものだと思っていたが、それもどうも違うことを認識した。

 

自分の性格で、女の人の化粧が嫌いで素顔すっぴんが好きだとばかり思っていた。

 

町中でみかける女性、TVで見かける女性、付き合った女性みな化粧をしている。

 

色弱だから化粧が、ホントの化け顔に見えてしまう?

 

特にTVでみかける女性などは、なんであんなケバイ化粧でTVにでているな?といつも思っていた。

 

ローラなどは美人で綺麗だと思うが、化粧が酷いと思った時も多々ある。

 

特に頬紅などをしている女性は「おてもやん」にみえて、まるでお笑いするためにつけているように見えてしまいます。

 

 『おてもやん』は、

日本の民謡、および、歌詞に登場する女性の名前(「やん」は敬称の「さん」、「ちゃん」の意であるため、名前としては「おても」、「ても」となる)。

熊本民謡の代表格とも言われる。熊本弁が強く出た陽気な歌詞が特徴。

 

頬紅が濃い状態を指して、「おてもやん化粧」、「おてもやんメイク」、「おてもやんみたい」と称することがある

 

f:id:sinsin555:20181018183124j:plain

 

いつも不思議だった。

 

付き合っている女性にも、化粧をすると気持ち悪いから、できるだけ化粧をしないでくれと言っていた。

 

ある時、何気なくTVに映っている女優に対して

 

「こんな、変な化粧何でしているのかな?まるで「おてもやん」だねー?」

 

と彼女に言ったら

 

彼女

 

「えっ」

「とてもきれいな色合いで、綺麗だよ」

「そうなんだ、いつもそうみえていたんだ」

と驚かれたことがありました。

 

化粧した女性は道化師?に見えてしまう色弱の自分?

 

確かに赤は茶色に見えてしまうので、目立たないし、汚く?茶位色っぽく見えてしまうので、赤色を中心に化粧をしているとどうしても汚く見えてしまうのかもしれませんね。

 

いい例が、紅葉です。

茶色の葉っぱの中にある紅葉は、ほどんど判別できません。

一番身近な植物の例であげれば、椿の花などは赤ですが、濃い茶色?緑の葉っぱの中の赤いツバキの花は目立ちません、花弁の中にあるおしべ、めしべの黄色を見つけることになります。(笑)

 

だから、頬紅なんてものは汚くて仕方ないのかもしれません。

 

アイシャドーやら頬紅やら・・・ハリウッドスターの女性や日本の有名女優も私の色弱の目にかなったら、形無しですね。

 

確かに、需要があって、皆に認められているからこそ、ああいった格好になるのでしょうから、それを道化師呼ばわりされたら元も子もないですよね。

 

 

色弱は化粧がおかしく見えるのか?それとも関係ないのか?

 

そんな色弱の私はすっぴんが好きです。

 

でも、もしかしたら、色弱の性ではないかもしれませんが、真偽のほどは私にもわかりません。

 

実際に色弱の人の意見が必要ですね。

どなたかいますか?

それとも私だけの偏見でしょうか?