色覚異常(赤緑色弱)で生まれて50年

2018年50歳の色弱のシニア男性。今まで50年生きてきて仕事やら私生活で起きた色覚異常での障害や感じた事やら実体験にもとづいて語ってみようと思いブログ開設しました。

色覚異常が治るという治療を目白でした過去。

中学の頃、親が将来を心配して、都内の目白にある保険のきかない色弱が治るというクリニックに連れていかれて、それから一年近く通院した思い出です。

 

 

治療した時期ときっかけ

中学の頃、週刊誌か何かだと思うが「色盲色弱が治る」という記事と書籍がでていたらしいが、それを親が見て、ダメもとで目白にあるクリニックに親と一緒に行く。

 

この本でした。家にありました

 

そこかしこに色盲が治ったとという文面などが貼ってあったように思う。


そこの先生という人は「絶対なおるとは断言できないけど、治療すれば今よりは良くなると思う。治らなかった人もいれば完全に治った人もいる」と話していたように記憶している。

 

そこには大勢の人がいて混雑していたのを覚えているし、逆にそのことが信憑性が高い気持ちになっていたようにも思い出します。


その治療会社名とどんな治療方法だったのか?

 

f:id:sinsin555:20180707190659j:plain

その名前は目白メディカルクリニック


目の両脇に電極を当てて、数分電気を流すといった簡易的なものだった。

 

今考えれば、
肩こりの微弱電流を流すパットを目の横に貼るのとさして変わらない代物でしたね

 

JR目白駅から徒歩15分ほどの商店街の雑居ビルの2Fの小さな部屋で治療?していた。
週1・2回学校が終わって、夕方電車に乗って通っていた。

 

治療方法は、

確か記憶によると、

 

  1. 目のマッサージを自分でして
  2. 石原式の検査表で現在の状態を確認
  3. 両目の脇に電極のようなものを当てて電気を流していた(目の周辺がピリピリビリビリして痛かったのを覚えてる)
  4. 最後に石原式の検査表で色・数字が見えるかどうかの確認。

 

時間にして30分程度だったように思います。

自宅でもセッセと言われていたトレーニングを毎日やっていた


治療の代金は

 

治療代金は


記憶が定かでないが、医療機関でも認可されたものでもない会社だったので保険も効かないし、治療が成功してからの支払いではなく、治る治らない関係なしで
前払い一括で確か今から35年ほど前の十数万円だったように思います。

期間は1年程通ったと記憶している。期間限定の支払いだったのかは記憶にはない。


ネットに記事がありました。

治療費は前納制だった。小中学生10万、高校・大学生12万、一般14万。治らないと思っても、ほぼ泣き寝入り。

 

つまり、治るまで治療という前提なので、途中で治療を断念した人は治らなかったのではなくて、治さなかった。治るのに続けなかったという論法なのでしょうね

 

その治療の結果は「効果なし」

f:id:sinsin555:20180630024558j:plain




始めのうちは、数ヶ月で色が見えるようになるのかと期待して通っていた、時々見えた!などいう子供もいたが・・・・

 

今考えると自分も多少見えてきたと思ったこともあって、報告したら、治ってきている証拠だと、そこのスタッフに言われたような記憶もある。

 

しかし、結局は、何も変化しなかった。

 

よく思い返せば、そりゃどうでしょうね。

何度も同じ石原式の検査表を見ていれば、正解もしっていることだし、同じ表を幾度となく見ていれば、なんとなく見えている錯覚に陥っているのだと思いました。

 

あと色は見えるようになったかは良く分かりません。6年以上も通えば数字を普通に覚えてしまいますよ!

 

また、実際に治った治らないという判断は、単に石原式の検査表のみで判断していたように思います。

 

結局、通うことをしなくなった。


この治療は治るまで追加料金なしの一括前払いなので、止めたから治らなかったと言われておしまいですね。

 

実際に色覚が正常に治った人がいたのか?

 

時々、少し見えるようになったとかいう子供もいたように思うが、実際に完全に治ったという人の話は身近では聞いたことが無かった。

 

自分の感じでは、毎日見ているうちに何となく見えてきてるように錯覚してしまい見えたように勘違いしていたのではないかと思います。
石原式検査表で見えも、実際の自然の色合いは見れなかったのではないかと思います


石原表懐かしい
あれ、だんだん正解が言えるようになるんですよねー通っていると
治ったからではなくて解答を覚えてしまえたから
それで親が治ったと勘違いする
よくできてるね

 

色覚専門医の大熊篤二横浜市立大学名誉教授も、「治ったという患者がきたが、診察したら治っていなかった」と話した。
クリニックの中では石原表を読めた。ところが、他の場所でははっきり読めない。そこで石原表を買ってきて宿舎で読んだがやっぱり読めない。しかしトイレでは読めた。そこだけ白熱球だったためだ。そういえばクリニックも白熱球だった。

 

実際の和同会・目白クリニックはどうだったのか?

 

私事で言えば、誇大広告行為だったように思います。


ただ、もしかして本当にその行為で治った方がいたとすれば、治療効果が100000人に1人の割合だとかではなかったのか?正式に数字で示してもらいたかったです(たぶんしないでしょうが)。

正式に医学会で臨床すべきだと思いました。

 

また、治療代金も多くの人が受診していることを考えれば、格安にしてもらいたかったな。何百億も稼いでるのだったら・・・・

 

多くに人がいて子供から大人までいたように思うが、大半は子供が多かったように思う。
今思えば、心配している親が藁もすがる思いで必死にお金を工面して子供の色覚を正常にしようとていたのだと思うと、とても心が痛みます。

 

結局は、自分は全く変化もなく治らないで治療しに行かなくなった。


期間が過ぎたのか、諦めたのか?親にもう行くなと言われたのか、そこは記憶が無い
もちろん返金もされなかった。

 

今思えば念書のようなものも書かせれていたのかもしれませんが、良心的な対応であればせめて多少は返金してほしいように思うが、もし返金したら治らないということを認めることになるので出来なかったでっしょうね。


下記の記事がネットにありました。

 

和同ドクターズグループ(通称・和同会)とは、目白・新大阪・博多の3箇所にクリニックを開いていて、1980年ごろから2001年に目白が閉鎖されるまで20年以上、色盲色弱が治るという「治療」を行っていた。率いていたのは山田武敏会長。

1928年新潟県小千谷市生まれ、旧制長岡中学卒。海外で活動しているときに難病のベーチェット病に罹患し、その治療法を考えているうちにJPJCシステムを編み出したとしている。実は麻布獣医科大学(現・麻布大学)卒でそもそも医師ではない。

『やっぱり治る色盲色弱』の著者・山田紀子とは「目白メディカルクリニック」の当時の院長で皮膚科医であり、山田武敏会長の妻。

この本だが、図書館や学校関係にばら撒いたので図書館では容易に見つかると思われる。

 (なるほど、これを親が目にしたのでしょうね)


武敏は麻布獣医科大卒で、数回の離婚歴もある詐欺師
現に、目白メディカルクリニックでは 10 万人近い人が「治療」を受け、直接の治療費の被害額だけでも百数十億円、宿泊、交通費なども入れれば、1000 億円近い損害があったと思います。でも、誰一人として訴訟を起こした人はいません。

(詐欺師と表記しているが・・・どうなんだろう)

紀子医師(=和同会)側は朝日新聞社と、記事を書いた内山記者を相手取って名誉毀損訴訟を起こした。一審は紀子医師側のほぼ全面勝訴といえるものだった。しかし控訴審で逆転、上告も棄却され敗訴が確定した。10年以上かかっている。

(裁判で負けているのですね。でも詐欺罪とかは適用されていないのは医療行為でないということなのでしょうか?わかりません・・・)

 

引用【特別編】“色盲治療”和同ドクターズグループ・山田武敏Add Star

 

大人になって、色覚異常は遺伝で細胞の問題なので、電極などで治ること自体が虚偽だったと確信した。

 

何か親に申し訳ないことをした後ろめたさが残った出来事だった。

 

僕も色弱で、小学生低学年の頃、一人で電車にのって2時間かけてあの拷問を受けに行きました。
はっきり言って36歳の今も色弱だし、何系の色に弱い等判明しているので生活や仕事に支障なく暮らしています。
ただ、あの拷問を信じてお金を払ってた両親が不憫です。

 

中には体験談をかかされた下記のような人もいたみたいです。

 

当時、高校生だった私も騙されました。
和同会は経営が苦しくなったのか、元々の約束であった「完治まで追加料金なしの同一料金」を勝手に破棄し、今後治療を受ける場合は、一回ごとに治療費を請求する旨通告してきたので、治療を断念しました。
腐りきった団体でした。
そもそも数十回通いましたが、効果は一切なく、苦痛のみでした。
症状が改善された人は1人もいないと確信しています。


体験談は私も無理やり書かされました。
当時は私も未熟だったので何の抵抗もできませんでした。
人生の汚点です。
このような団体がなんのお咎めもなく存在していたことが、今では信じられません


その他では

私は色盲色弱ではありませんでしたが、この治療によって偏頭痛とアトピーがほぼ完治した経験をもっています。
最初の30分の体験ではっきりとアトピーが改善し、霧が晴れるように頭が軽くなりました。

 

という効果もある人もいるようなので、何かしらの効用があるのかもしれませんね


まとめ

現時点で医学的に色覚異常が治る治療というのはみられませんが、中には民間療法的なもので細胞を活性化させるものがあるかもしれませんね。

 

色盲色弱(正しくは「色覚異常」現在は、色盲色弱と呼ばれなくなっている)が先天性のものであった場合、現在まで有効と医学的に認められた治療方法は存在しないとされています。

残念ながら色覚異常を現代の医学治療によって健常者のように見えるようにはできません。

 

 

けれども、

これも進化の過程で与えられた体。

意味があると思って、与えられたこの体で前向きに生きるのが一番だと思っています。